info
美白乳首薬用美白クリーム【ホワイトラグジュアリープレミアム】をご覧ください

おすすめの人気ドッグフードは?





愛犬が喜んで食べて健康によいおすすめの
人気ドッグフードを比較して選んでみました。


ドッグフードランキングはコチラ

おすすめのドッグフード選ぶ基準

おすすめのドッグフード選ぶ基準はペットフードの表示義務項目がしっかりパッケージに記載されているかについてです。2009年6月1日から愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律(通称ペットフード安全法)が施行)されました。これによって原材料、製造業者名や賞味期限、事業者名・住所、原産国などの表示が義務付けが必要になりました。ドッグフードの原材料の詳細は、添加物を含む全ての原材料の表示が義務化されています。賞味期限は基本的にはメーカーが設する期限を3年以上を超えないことが義務付けられています。 製造者、販売者、輸入者など事業の種類を明記し、事業所の住所の記載が必要です。 原産国表示はドッグフードの最終加工工程が行われた国になります。以上しっかりとしたドッグフード選ぶ基準として上記の項目を確認した上で選ぶことをお勧めします。

犬の食習慣チェック【品質の良いドッグフードを選ぶ】

愛犬家のみなさんは当然、愛犬の幸せ・健康のことを考えてあげていると思いますが、やっぱり知るべきことは知識・情報ではないでしょうか。愛犬とは実際に言葉が通じる訳ではありません。間違った方法で愛犬と接しているとずっと訂正出来ないままかもしれません。
愛犬にとって大事なのは食事です。愛犬が食事を食べるとき、水を飲む時、日々の愛犬の変化にも関心をもって接する必要がありますし。愛犬に異常がチェック出来れば、年齢認証のために獣医さんにみてもらうようにしてください。 愛犬が食欲不振 ・ あまり食べないのもやっぱり気になる問題です。
寄生虫症 やイヌ伝染性肝炎、ケンネルコフ 、コロナウイルス性腸炎 、細菌性腸炎 、更にパルボウイルス性腸炎、そしてもっといろいろな病気の可能性がここにあります。
そして愛犬が異常に食べ過ぎるという場合もあります。そのような場合糖尿病 やクッシング症候群、 膵外分泌不全症 といった病気の可能性があります。愛犬が食べるのが遅いとき、歯周病 や 虫歯など歯の病気の可能性もあり、口腔のガンの可能性もゼロではありません。
更に、追求しなければならないのは、愛犬に水に対して及ぼす変化です。愛犬が異常に水を飲む場合、フィラリア症や、糖尿病 、アジソン病、クッシング症候群、更に副甲状腺の機能亢進症などという病気の可能性があります。
愛犬が突然水を飲まなくなることもあるようですが、このようなケースでは、糖尿病性ケトアシドーシスなど病気の可能性があります。愛犬について日々しっかりチェックしてあげることが大事です。愛犬は、いろいろな症状で危険のサインを送っているのかもしれません。当然、一番最初に気づいてあげなければならないのは、飼い主さんです。それが愛犬を飼う資格なのではないでしょうか。

愛犬のドッグフードに満足できていますか?

食べ物のアレルギー症状

アレルギーは人間だけのものではありません。犬にも人間と同じく、様々なアレルギーがあるのです。 犬にもアレルギーの原因として、一番多いといわれているのが、食べ物によるアレルギーです。

おすすめ詳細は

犬の口臭体臭とドッグフードの関係

独特の体臭や口臭のある犬。そのにおいは、タンパク質や脂質から発せられているにおいであることがほとんどのようです。

おすすめ詳細は

愛犬が病気なったとき時の食事法

愛犬の食欲がなかったり、熱があったり、嘔吐、下痢、痙攣、せき、ひどい目やになど、 病気の症状が疑われる場合には、すぐに病院へ連れていきましょう。

おすすめ詳細は


品質の良いドッグフードとは?

愛犬家が増えてきたことによりドッグフードの品質にこだわりを持つ飼い主も増えてきました。 イギリスをはじめ世界中の製造メーカーが品質と安全性の高いドッグフードの研究開発が繰り返されています。

おすすめ詳細は

市販のドッグフードとの違い?

ドッグフード通販と市販のドッグフードの違いは、 お店で買うとドッグフードは重いので 自宅に宅配で届くネット通販での購入はとてもが運ぶこともなくとても楽であることです。

おすすめ詳細は

ドッグフードの成分とは?

ドッグフードのパッケージには成分表が記載されていますが、 ドッグフードは人間用の食品とは、違ったものを指し示していることがあります。

おすすめ詳細は


ドッグフードを食べてくれない理由

市販のドックフードであれば、原材料表示がなくどんな原材料を使用しているかわからない 防腐剤など添加物も多く入っております。

おすすめ詳細は

通販のドッグフードと手作りご飯の違い

市販のドックフードであれば、原材料表示がなくどんな原材料を使用しているかわからない 防腐剤など添加物も多く入っております。特に小型犬にとっては毎日食べ続けることは体調不良につながることがあります。

おすすめ詳細は

犬が食べてはいけない人間の食べ物

果物は、ぶどう・マスカットはNGです。急性腎不全を発症したり、最悪の場合には死に至ることがあります。いちじくもです。ソラレン、フィシンという毒物性の物質が皮・葉に含まれているからです

おすすめ詳細は


愛犬に高品質なドッグフードを

アメリカにおいては、AAFCOで、ペットフードに関するガイドラインが決められています。日本はどうかと言えば、まだまだ愛犬のドッグフードに対して法律があるという訳ではありません。

おすすめ詳細は

犬に必要な栄養

ワンちゃんにとって一番大事なのは、動物性タンパク質といいます。ワンちゃんは、もともと肉食由来の動物であります。

おすすめ詳細は

犬のオリジナルドッグフード調理方法

生の食材や加熱不足の食材をペットに与えることを支持しないというポリシーは、「全米獣医療協会」(AVMA)によって既に明確化されています

おすすめ詳細は


犬の老化に大切な食事

愛犬が飼い主さんの与える食事によってどんどん老化して行ってしまうかもしれません。食事は、愛犬に毎日与えられるものなので、本当に注意をしなければならないことです。

おすすめ詳細は

犬の老化に大切な食事

愛犬が飼い主さんの与える食事によってどんどん老化して行ってしまうかもしれません。食事は、愛犬に毎日与えられるものなので、本当に注意をしなければならないことです。

おすすめ詳細は

犬用のおやつの選び方

防腐剤や酸化防止剤の添加物が含まれているおやつは愛犬にとっても決して妥当ではありません。愛犬は、添加物を取り続け、血液に異常が生じることがあります。

おすすめ詳細は

犬に必要な炭水化物

「炭水化物(たんすいかぶつ/糖質)」・「脂質」・「たんぱく質」・「ビタミン」・「ミネラル」・「水」と言ったものを確保しなければなりません

おすすめ詳細は

犬に必要なタンパク質

愛犬の毛も皮膚も、血液や骨までもタンパク質で構成されており、タンパク質からなる酵素が細胞の中にはぎっしりと詰まって代謝を担っています。それは愛犬の体を作り、代謝と免疫力を保つ大事な要素です。

おすすめ詳細は

犬の生活習慣病

愛犬はどのような生活習慣病にかかってしまのかと言えば、肥満だったり、心臓病だったり、関節炎だったりと、やっぱり人間と似ています。

おすすめ詳細は


犬の低血糖症

血液中の糖分濃度・血糖値が低下してしまうことによって起こる病気です。生後三ヶ月程度の子犬の時期に発症するケースが非常に多いと言われています。

おすすめ詳細は

犬が必要とするカロリー

一日の食事に必要なカロリー程度を、飼い主さんが管理してあげないと、やっぱり、ワンちゃんはなかなか長生きはできないようです。

おすすめ詳細は

犬別おすすめのドッグフード

パグにおすすめのドッグフード

食事の量などに合わせて食事は1日1、2回が目安で、成犬で1回にする場合は夕方がいいでしょう。大食漢で太りやすい体質のため、ドッグフードは与えすぎないように注意が必要です。

おすすめ詳細は

ゴールデンレトリバーにおすすめのドッグフード

食事は朝夕2回の食事にあたえるようにしてください。肉を中心とした栄養バランスに優れたドライタイプの総合栄養食がおすすめです。

おすすめ詳細は

ヨークシャー・テリアにおすすめのドッグフード

食事は、穀物の少ない高たんぱくなドッグフードを中心に適量の食事を朝夕2度、栄養バランスのとれたドッグフードを中心に与えてください。太りやすい性質もあるので適度な運動で肥満防止にも注意しましょう。

おすすめ詳細は


チワワにおすすめのドッグフード

チワワの食事は寒い日は体温を上げる必要があるためご飯の量を少し増やしてカロリー摂取量を増やすコントロールが大切になります。栄養量が多く肉が多めのバランスが良い無添加の小型犬用のドッグフードがおすすめです。

おすすめ詳細は

ポメラニアンにおすすめのドッグフード

食事は過食・偏食は肥満や病気の元になるので注意してください。また眼病に罹りやすい面があるので注意が必要です。骨も弱く骨折しやすい体格ですので、栄養バランスの豊富な餌を日頃から与えるようにして下さい。

おすすめ詳細は

トイプードルにおすすめのドッグフード

トイプードルは足が細く華奢なのでは膝蓋骨の脱臼に注意する必要があります。 栄養バランスのドッグフードを選ぶことはとても大切です。栄養バランスのとれた小型犬用ドライフードがお勧めです。

おすすめ詳細は


ダックスフンドにおすすめのドッグフード

ダックスフンドは長い胴体のため、食べすぎで太りすぎてしまうと、椎間板ヘルニアなど腰を痛める可能性が高くなります。ですので、肥満には細心の注意が必要です。栄養のバランスに気をつけた食事を心がけてください。

おすすめ詳細は

フレンチ・ブルドッグにおすすめのドッグフード

フレンチ・ブルドッグは体の割には食欲が旺盛な犬種ですので、食事の量はしっかり守って与えるようにしてください。穀物の多いドッグフードより肉が豊富に入っている品質の良いドッグフードがお勧めです。

おすすめ詳細は

シーズーにおすすめのドッグフード

シーズーは、食べたものが吸収されやすいので、食欲のままに与えていると、肥満になりやすいようです。消化が良い必要な栄養素をしっかりと取ることができるシーズーにピッタリのドックフードを選びましょう。

おすすめ詳細は

愛犬のためにドッグフードを変える

口コミ集めました

"いままで市販のドッグフードを買っていたけど、すぐばててします愛犬に栄養をたくさんとってもらいたくて新しくドッグフードを選びなおしました" –亜紀 34歳 東京都

"今色々犬勝ってる友達がみなネットで話題のドッグフードを買ってると聞いたので買いました。わんちゃんがとても食事の時間になるとおいしそうに食べるのですごくうれしいです。" –みなみ 26歳 愛知県

"もう15歳になる老犬を買っていますが、足腰も弱ってきて市販のドッグフードも食べなくなってきたので新しい口コミで人気のドッグフードにかえました。ドッグフードを変えてから元気になっているのを実感します。いつまでも長く生きてほしいのでドッグフードは大事だなと思いました。" –かな 35歳 山口県

"パグを7年飼っている愛犬家です。パグはとても太りやすい体質でしかも、大食漢な犬なので、食事とても苦労していましたが、ドッグフードを変えてから太りにくくなったと感じます。無添加で穀物不使用のドッグフードは本当にお勧めです。" –よしこ 43歳 三重県

"シーズを4年飼っている愛犬家です。シーズは器官が詰まりやすい犬なので、食事とても注意が必要です。ドッグフードを変えてからは、食欲が旺盛で健康的に走り回っています。最高級食材使用のドッグフードは本当にお勧めです。" –あさみ 33歳 埼玉県

"ゴールデンレトリバーを2年飼っている愛犬家です。ゴールデンレトリバーは活発的な性格でパワフルな体力を持っているため食事はかなり大切です。食欲が旺盛で食事量も多いです。比較的安くて品質良いドッグフードは本当にお勧めです。" –ひろし 39歳 長野県

ドッグフード安全法について

ドッグフードはいつも愛犬に与えるものです。だから、安心して与えることが出来るものを選択しなければなりません。そもそも、ドッグフードって、安心して愛犬に与えることができるものなのでしょうか。

【ドッグフードの安全性】
2007年のメラミン混入事件というものがあり、それをきっかけにして、日本で初めてとなるペットフードの法律が作られたと言われています。愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律であり、 それ以前は、ペットフード公正取引協議会による自主規制ということだったので、よりドッグフードが安心できるものになって来たようです。 しかし、今の段階でこの法律は、現行で販売されているドッグフードは問題ない程度のものであり、あとは、飼い主さんが、しっかりドッグフードを調査するモチベーションが大事です。法律に守られて、ドッグフードが本当に安全なのかと言えば、そうでもない不安要素があるようです。 ドッグフードには、原材料名(原則的に添加物を含む全ての原材料を表示)とあります。そもそも、ここに記載されている原則的とはどのような意味なのでしょうか。例外的に、表示しなくていいという意味にとれないこともありません。 原産国名(最終加工工程を完了した国)とありますが、つけ加えて、包装や詰め合わせの作業は最終加工工程には含まれませんとあります。海外で加工したドッグフードを輸入し、日本で袋詰めしても日本産とは記載しませんという意味のようですが、粉々に加工された原料を海外から輸入をして、日本で加工した場合は国産と言えてしまうということになります。

【エトキシキン・BHA・BHT 150ppm以下(合計量)】
成分規格において、エトキシキン・BHA・BHT 150ppm以下(合計量)とあります。そもそも、エトキシキンはベトナム戦争において枯葉剤として使用され、日本では人用の食材や農薬としても使用が禁止されているものではありませんか。国は、かなり危険性の高い添加物の使用を愛犬に許していることになります。

ドッグフードを食べてくれない時の対処法

飼い主さんが飼っている愛犬が、ドッグフードを食べてくれないということはないでしょうか。結構そのようなことがあり、飼い主さんを困らせているという声を聞きます。
愛犬は、おやつのジャーキーは食べてくれるのにも関わらず、ドッグフードには見向きもしてくれないという場合があるようです。体調が悪いのかしらと飼い主さんは心配に思ってしまうはずです。愛犬がドッグフードをどうして食べてくれなくなってしまったのでしょうか。
愛犬は贅沢病にかかってしまうのかもしれません。贅沢病? ドッグフードを全然愛犬が食べない以前に、飼い主さんは愛犬に、人間同様のおいしいものを与えたりしていたのではないでしょうか。このようなことが原因で愛犬は、簡単にドッグフードを食べなくなる要因を作ってしまうと言われています。愛犬は、飼い主さんが思っている以上にデリケートであり、賢い存在だったのかもしれません。 一度愛犬に、おいしい食べ物を与えてしまうと、その味のことが忘れられなくなってしまうようです。
そして、愛犬は、ドッグフードを食べなければ、次には、おいしい食べ物が出てくるとも考えてしまっているようです。たから、ドッグフードを拒否しているのかもしれません。飼い主さんは、その時、困惑して、愛犬にまたまたおいしいものを与えてしまうのではないでしょうか。悪循環であり、もう二度と愛犬はドッグフードを食べてくれないかもしれません。愛犬になんとしても再びドッグフードを食べてもらうためには、断食作戦なども考えてみてください。
もらえる餌はドッグフードだけ、時間内に食べなければ、食べることが出来ないということを覚えさせてください。愛犬は、賢いので、それもすぐに勉強してくれるはずです。愛犬は、嗅覚が強い種類もあり、においを強くしたドッグフードなら、積極的に食べてくれる場合もあります。そして食べたら、積極的に愛犬を褒めてあげてください。